歯医者

第三の治療法で口腔の問題をすべて解決

総入れ歯の状態にあると食べ物をしっかりと噛むことが難しく、食べられるものが制限されてきます。こうした状況でもインプラントにすれば咀嚼が復活し、自分の歯と遜色ない機能性に回復させられます。咬合をスムーズにして食生活を改善させる、また噛み合わせを解消する目的もあるのです。入れ歯やブリッジに代わる第三の治療として確立されつつあり、インプラントを導入する川崎の歯科は確実に増えてきています。歯への衝撃や歯周病などで失った歯を取り戻すために最適で、本来の咀嚼力を実現してくれるでしょう。

歯周病で歯をなくした人に最適な方法

欠損した歯を復活させるのがインプラントの目的で、親和性に優れたチタン素材が活用されています。周辺の歯を削るブリッジだと健康な歯の寿命を短くしてしまいますが、インプラントは削る必要性がないのがメリットです。歯槽骨が著しく減少している状態でも、顎や腰などの骨移植ができるケースがあります。患者層は40代以上が多く、これは歯周病によって歯を失う人が増えてくるためです。重度歯周病などで多くの歯を失ってしまった人は、川崎でインプラント治療の症例数が多いクリニックで治療を受けてください。

よい歯科医院を見つけるために

川崎でインプラント治療を受けるときは、専門医を選択しておけば間違いないと思うかもしれませんが、もっと大切なのは症例数です。数多くの症例があって技術が高い歯科医師ならば、専門医でなくても安心して任せられます。知識を有していることは大切ですが、最終的に一番重要になるのは技術力です。年間の症例数は多いほどインプラントの技術が高いと予測できるので、公式ホームページで調べておきましょう。ほかにはアフターケアの充実さ、総合的な歯科治療に対応しているか、などもポイントになります。

料金だけでなく技量も確認する

インプラント治療は健康保険が適用にならないことが多く、この場合はすべて自分で費用の支払いをします。そのため少しでも低料金のクリニックを探したいと考えるはずですが、安さを最重視して選ぶと失敗しやすいです。失敗を避けるためには料金が適正額であること、難しい症例にも対応していること、などを重視してください。さらにメリットばかりを強調せず、デメリットやリスクを伝えてくれることも大切です。信頼できる歯科医師かどうかは、カウンセリング時に会話してみるだけで大まかにわかります。川崎でインプラント治療を受ける前には、口腔環境を改善させる必要があります。虫歯や歯周病がある場合は治療をし、歯垢やプラークなども除去していくのです。そのため総合的な歯科医療に精通しているクリニックを選択するのが好ましいです。インプラント治療は自由診療のため歯科側が受け取る利益は大きく、そのためインプラントを過度に押してくるクリニックがあります。本当に患者のことを第一に考えてくれているのか、見極めてから契約をしてください。

広告募集中